タグ: 歴史画

フリー絵画 ジャック=ルイ・ダヴィッド 「マラーの死」 (1793)
フリー絵画 狩野養信 「聖徳太子二王子像 (模本)」 (1842年)
rantings   (5)
ウィリアム・ブレイク・リッチモンド 「ジャンヌ・ダルク」
rantings   (1)
月岡芳年 「大日本名将鑑 織田右大臣平信長」 (1878)
rantings   (2)
狩野元秀 「織田信長像」 (1583)
rantings   (12)
チャールズ・マリオン・ラッセル 「コロンビア川下流のルイスとクラーク」 (1905)
rantings   (2)
フレデリック・レミントン 「ミーア遠征:ブラック・ビーンの描写」 (1896)
神坂雪佳 「忠度」 (1909)
rantings   (6)
アルフォンス・ミュシャ 「スラヴ叙事詩 スラヴの菩提樹の下で誓いを立てる若者たち — スラヴ民族の目覚め」 (1926)
rantings   (2)
アルフォンス・ミュシャ 「スラヴ叙事詩 ヤン・アモス・コメンスキー — 希望の灯」 (1918)
rantings   (2)
アルフォンス・ミュシャ 「スラヴ叙事詩 クロアチアの司令官ズリンスキーによるシゲットの防衛 — キリスト教世界の盾」 (1914)
rantings   (3)
アルフォンス・ミュシャ 「スラヴ叙事詩 フス教徒の国王ボジェブラディのイジー — 条約は尊重すべし」 (1923)
アルフォンス・ミュシャ 「スラヴ叙事詩 ヴォドナャニのペトル・ヘルチッキー — 悪に悪をもって応えるな」 (1918)
rantings   (3)
アルフォンス・ミュシャ 「スラヴ叙事詩 ボヘミア王プシェミスル・オタカル2世 — スラヴ王朝の統一」 (1924)
rantings   (1)
アルフォンス・ミュシャ 「スラヴ叙事詩 大ボヘミアにおけるスラヴ的典礼の導入 — 母国語で神をたたえよ」 (1912)
rantings   (2)
アルフォンス・ミュシャ 「スラヴ叙事詩 故郷のスラヴ人 — トゥラン人の鞭とゴート族の剣の間で」 (1912)
rantings   (6)
イーヴリン・ド・モーガン 「女王エレノアとフェア・ロザムンド」 (1901-1902)
月岡芳年 「芳年武者无類 主計頭加藤清正」
rantings   (7)